味よし味二番の由来

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

味よし味二番は、創業当時、味よしと言う名前で、現在の裏側入口にあたる部分を使い営業していました。

その後、離れた場所に、味二番を開業しました。しかし、離れているとやりづらいこともあり、味よしと味二番をつなぎあわせ、現在の味よし味二番になりました。

昭和47年12月から営業をはじめた味よし味二番は、少しずつメニューを増やし、今では120種類を超えるまでになりました。 ご飯の量が多いのも特徴です。
メニューを選ぶ楽しみと、お腹が満足すれば、幸せな気分になることでしょう。